日本遺産 日根荘 Japan Heritage Hinenosho

構成文化財の魅力

総福寺鎮守天満宮本殿そうふくじちんじゅてんまんぐうほんでん

政基旅引付には天満天神信仰についての記載があり、春色を尊ぶ歌が詠まれています。

日根野村荒野開発絵図ひねのむらこうやかいはつえず」の禅林寺ぜんりんじに比定されています。天満宮本殿は境内の南側にあり、慈眼院所蔵「堂社棟札控帳????」の中に天正てんしょう4(1576)年の棟札むなふだの写しが記されており、建立もその頃と考えられています。建物は一間社春日造いっけんしゃかすがづくり檜皮葺ひわだぶきで梁間はりま寸法が2尺(60cm)あまりの小さな社殿です。昭和60(1985)年に解体修理を実施していますが、その時の柱痕跡から正面は縁から下をすべて板壁とした「見世棚造形式みせだなづくりけいしき」であることが判明しています。

《総福寺鎮守天満宮へのアクセス》南海泉佐野駅またはJR日根野駅より、南海ウイングバス南部21~24系統「久の木」バス停下車すぐ

構成文化財の魅力に戻る

pagetop

Izumisano City All rights reserved 2020