日本遺産 日根荘 Japan Heritage Hinenosho

構成文化財の魅力

慈眼院金堂じげんいんこんどう

日根荘政所。鎌倉時代建立。日根神社の神宮寺とした古い姿を残す。

多宝塔の隣にある金堂で、国指定重要文化財に指定されています。毘沙門堂びしゃもんどうとも薬師堂やくしどうとも呼ばれていました。棟高3.8m、寄棟本瓦葺よせむねほんかわらぶきで四面は三間で、一間の向拝こうはいをつけています。建築様式から鎌倉時代のものと見られています。本尊は薬師如来像、右に弘法大師、左に釈迦如来像が安置されています。また、堂内には長さ約30cm、幅約1cmの杉板片を束ねたこけら経が納められています。

《慈眼院金堂へのアクセス》南海泉佐野駅またはJR日根野駅より、南海ウイングバス南部21・23・24系統「東上」バス停下車すぐ
拝観には、事前連絡が必要です

構成文化財の魅力に戻る

pagetop

Izumisano City All rights reserved 2020