日本遺産 日根荘 Japan Heritage Hinenosho

構成文化財の魅力

慈眼院大日如来坐像じげんいんだいにちにょらいざぞう

平安時代末期、貴族の美意識にかなった彫刻様式である藤原流の系統をもつ優美な彫刻。

慈眼院多宝塔内に安置される本尊で、像高約70cmの寄木造よせぎづくり漆箔うるしはく仕上げ、彫眼ちょうがんの大日如来です。漆箔によって損なわれていた浅い彫り、少ない衣文線えもんせん、丸い顔など藤原彫刻(定朝様じょうちょうよう)の優美な姿が、平成2(1990)年の修理で再現されました。
頭体の奥行が浅く、両肩をぎ付けているところは、平安時代末期の制作技術を表しており、当時は仏師がまだ職業的に確立していない時代だったため、試行錯誤の上完成された様子が映し出されています。

《慈眼院へのアクセス》南海泉佐野駅またはJR日根野駅より、南海ウイングバス南部21・23・24系統「東上」バス停下車すぐ
拝観には、事前連絡が必要です

構成文化財の魅力に戻る

pagetop

Izumisano City All rights reserved 2020